Movies

別府"温泉"大学学長による温泉学の魅力を紹介するムービーが出来ました!

足湯篇・砂湯篇・あまざけ篇


公開授業「温泉学概論」2019へのお誘い

世界屈指の温泉シティ別府で学ぶ総合温泉学!

歴史や文学、民俗学、芸術、食、観光、自然エネルギーなど
様々な方面から温泉の持つ諸側面を明らかにしていくリレー講座です(全15回)。
   一般の方も受講できます(聴講無料、申込不要)

受講のご案内

  • 全講座、申込不要、聴講料無料です。
  • 原則として、毎週土曜日2限目(10:40〜)32号館400番教室にて開講します。
  • 本講座は、学生の講義を一般にも解放する公開講座としていますので、どなた様も受講していただけます。
    ※学生の講義の妨げになる行為はお控えください。

次のような幅広い視点で温泉を学びます。お好きな回のみ参加いただけます。

歴史
歴史
文化・民俗
文化・民俗
自然・科学
自然・科学
観光
観光
健康・美容
健康・美容

開催予定

1
09/21
10:40〜
歴史
文化・民俗

別府温泉の始まり

講師:別府大学学長 飯沼賢司別府大学32号館400番教室

別府温泉が歴史の舞台に登場してくるのは、8世紀の前半に作成された『豊後国風土記』の記述からといわれています。中世の一遍上人の伝承や江戸時代の『鶴見七湯廼記』、『豊国紀行』などの史料から、別府温泉の歴史的な変遷を振り返ります。

別府温泉の始まり
2
09/28
10:40〜
自然・科学

温泉とエネルギー

講師:国際経営学科教授 阿部博光別府大学32号館400番教室

日本一の湧出量を誇る別府では、余った温泉を発電として有効活用する取り組みが行われています。しかし急速な開発が温泉資源に対する懸念を生じさせるなど課題も浮上してきました。文化、食、日常生活と密接な関係にある温泉。貴重な自然エネルギーとしていかに有効活用できるのか課題を探ります。

温泉とエネルギー
3
10/05
10:40〜
文化・民俗
観光

温泉土産から考える日本文化

講師:史学・文化財学科教授 段上 達雄別府大学32号館400番教室

別府は温泉都市として多くの観光客が来訪しますが、日本人観光客の多くはさまざまな土産物を買って帰ります。特に土産菓子などは土産物の中で大きな位置を占めています。この日本人特有な土産物文化について、江戸時代からの伝統について文化史的に考察します。

温泉土産から考える日本文化
4
10/12
10:40〜
観光
歴史

温泉観光地のできかた
-交通アクセス視点からー

講師:国際経営学科 教授 中山 昭則別府大学32号館400番教室

別府温泉の観光地化は、明治6(1873)年の瀬戸内海航路開設によって始まったといえます。鉄道による観光地開発が一般的である我が国では、極めてまれなケースです。この特徴的な別府温泉の成り立ちについて、他の温泉観光地と比較しながら解説します。

温泉観光地のできかた<br>-交通アクセス視点からー
特別篇
10/18
13:00〜

※金曜日開講です
※会場が異なります

文化・民俗
観光

温泉学概論 特別篇

講師:飯沼賢司(別府大学学長)、後藤美鈴氏(旅館入船荘)、安波治子氏(冨士屋)、三浦祥子氏(ハヌマン)
会場:冨士屋一也百ホール(別府市鉄輪上)

キャンパスを飛び出し、鉄輪で出前講義を行います。一遍上人が上陸したとされる上人ヶ浜から鉄輪に続く道に注目し、この道こそが日本の温泉文化の発祥ではないかという考えとともに、ダイバーシティに富む別府観光や街づくりの新たな展望について語ります。

温泉学概論 特別篇
5
10/19
10:40〜
文化・民俗
観光

韓国の温泉事情

講師:国際経営学科 教授 鄭 玹朱別府大学32号館400番教室

韓国にも、有名な温泉地があり、温陽(オニャン)温泉、水安堡(スアンボ)温泉、東萊(トンネ)温泉、儒城(ユソン)温泉は、4大温泉地と呼ばれています。温泉旅館がなく、近年になって露天風呂が整備されるようになったなど、日本と韓国の温泉事情を比較しながら、韓国の温泉の魅力を紹介します。

韓国の温泉事情
6
10/26
10:40〜
文化・民俗
歴史

古代ローマの浴場文化

講師:史学・文化財学科 准教授 飯坂 晃治別府大学32号館400番教室

古代ローマでは、皇帝や地方エリートにより各地に公共浴場が建設され、浴室だけでなく運動場も併設し、大勢の人々が社交やスポーツを楽しんでいました。また、温泉の効能について知識をもっており、人気温泉保養地も誕生しました。独自の発展をとげた古代ローマの浴場文化を取り上げます。

古代ローマの浴場文化
7
11/09
10:40〜
文化・民俗
観光

鉄輪温泉周辺見学

講師:国際経営学科 教授 鈴木 晶別府大学32号館400番教室

鉄輪温泉は別府八湯の一つで、別府大学に隣接しています。湯けむりが立ちのぼり、石畳が続く鉄輪温泉街を女将さんのガイドで散策します。鉄輪温泉の歴史や温泉文化を訪ね、あたたかな人情に触れながら、地元別府の温泉について理解を深めます。

鉄輪温泉周辺見学
8
11/13
10:40〜

※水曜日の開講です

健康・美容

温泉入浴はリラックス効果を得られるか?

講師:人間関係学科 教授 矢島 潤平別府大学32号館400番教室

温泉入浴による心理生物学的変化に関する実験や過去の知見を紹介し、温泉とココロの関係を紐解きます。特に温泉に入った後に感じるリラックス効果を科学的アプローチから検証したいと思います。

温泉入浴はリラックス効果を得られるか?
9
11/30
10:40〜
健康・美容
自然・科学

飲む温泉。温泉水×あまざけ

講師:発酵食品学科 准教授 塩屋 幸樹別府大学32号館400番教室

あまざけは飲む点滴とよばれ、疲労回復などの効能が期待されています。発酵食品学科では、別府の温泉水を仕込み水に用いた温泉水あまざけを開発しました。温泉水あまざけの開発の経緯と温泉水あまざけを通した教育活動について講義を行います。

飲む温泉。温泉水×あまざけ
10
12/07
10:40〜
観光

温泉を利用した地域活性化

講師:日本温泉地域学会理事長 濱田眞之別府大学32号館400番教室

温泉地の観光資源は地元だけの視点ではその価値が分からないことがしばしばあります。どうやってそれを発見し、地域の活性化に結びつけるかを事例を参考に説明します。また温泉を入浴用とのみ考えるのでなく、熱エネルギーとして見た場合の利用例も紹介します。

温泉を利用した地域活性化
11
12/14
10:40〜
観光
文化・民俗

訪日中国人観光客の温泉志向変化

講師:国際経営学科 教授 鈴木 晶別府大学32号館400番教室

近年、中国では政府の改革開放路線とともに、日本の温泉文化を意識しながら温泉リゾートあるいはテーマパーク的に変容しながら一般的な広がりを見せはじめ、温泉観光が定着しつつあります。20年前と大きく変化する訪日中国人観光客の温泉志向を解説します。

訪日中国人観光客の温泉志向変化
12
12/21
10:40〜
文化・民俗

別府温泉の魅力を世界に発信!

講師:別府温泉宣伝協会 代表 平野芳弘 別府大学32号館400番教室

国際観光温泉文化都市と言われる別府温泉。外国人観光客が急増している別府市において、20年以上前から取り組んでいる別府八湯ウォークのまち歩きや昔の写真資料研究で再発見した、別府温泉の歴史・温泉文化を紹介します。

別府温泉の魅力を世界に発信!
13
12/25
10:40〜

※水曜日の開講です

歴史

赤い絵の具を巡る冒険 ―血の池地獄―

講師:史学・文化財学科 教授 上野 淳也別府大学32号館400番教室

古代、赤は神聖な色や冨の象徴と言われており、別府市の実相寺古墳群(国指定文財)の内部も赤い顔料で彩色されています。近年の研究で、その顔料は血の池地獄の熱泥から採取されたものである可能性が指摘され始めました。県内の古代遺跡と火山活動の関係を「赤色顔料」から探ります。

赤い絵の具を巡る冒険 ―血の池地獄―
14
01/11
10:40〜
歴史

華清池の歴史-中国史と温泉

講師:史学・文化財学科 准教授 宮崎 聖明別府大学32号館400番教室

中国陝西省の西安郊外にある温泉「華清池」の歴史は古く、唐の玄宗皇帝と楊貴妃とのエピソードを詠んだ白居易の「長恨歌」にも登場します。この回では、華清池の歴史をふり返り、中国史上の重大な出来事について解説します。

華清池の歴史-中国史と温泉
15
01/17
10:40〜

※金曜日の開講です

健康・美容
自然・科学

明礬の「湯の花」や「地獄蒸し料理」は健康にいいの?

講師:食物栄養学科 教授 仙波 和代別府大学32号館400番教室

温泉の噴気で調理する別府の「地獄蒸し」は、江戸時代から庶民に好まれ、現在でも健康に良く美味しいと、鉄輪の名物となっています。この回では、地獄蒸しのおいしさの秘密を科学的にアプローチします。また。明礬の「湯の花」の効能の科学的検証も紹介します。

明礬の「湯の花」や「地獄蒸し料理」は健康にいいの?


別府“温泉”大学ってなに?

世界有数の湧出量を誇る大分県。
そのなかでも別府市は、あちらこちらに湯が湧く温泉シティです。
別府温泉は「別府八湯」として知られる8つの温泉エリアからなり、源泉数は日本一。
泉質も多岐にわたり、多彩な温泉を楽しめるため、温泉ファンにとっては聖地とされるほど。

別府大学では、この温泉の聖地、別府で「温泉」についてさまざまな分野から研究を行っています。
学生たちは温泉について学び、温泉とふれあいながらキャンパスライフを過ごしています。

よくよく考えてみると、「温泉」は歴史や民俗、文学、観光、エネルギー、健康や美容まで、
さまざまな分野を横断する総合学問領域ではないでしょうか?
地域の宝である温泉を研究し、その成果を地域に還元することは地元大学の使命です。
これまでの温泉研究を集結し「別府“温泉”大学」として情報発信を行ってきます。

「温泉」をキーワードに、いろいろな人がいろいろな分野で研究をしている別府“温泉”大学。
湯に浸かりながらアイディアを語り合う、刺激的な日常が待っています。
さあ、一緒に湯に学びましょう。

※“別府”の名が付きますので、当然「温泉」あります!キャンパス内には4つの源泉があり、7つの温泉が湧いています♪


桶

お問い合わせはお気軽にどうぞ

別府"温泉"大学事務局 (別府大学・別府短期大学部 広報室)
〒874-8501 大分県別府市北石垣82
TEL: 0977-66-6262
mail:onsen@beppu-u.ac.jp